評価はスロープ状ではなく階段状に上がる 【イベントコンシェルジュ】

<<<今日のステップ====

おはようございます。

日々の行いの中でコツコツと努力している人を他人は評価してくれることが多いです。

でも、一定のレベルに達しないと評価を得ることはできません。

今日、10の努力をしたから、明日10の評価を得られるのではなく、ある一定のレベル、たとえば65のところに来るころに、他人は評価をしてくれます。

ある一定のレベルに行くまでは我慢して、努力し続けることが重要です。

努力と評価の関係は、スロープ状に出てくるのではなく、ある段階になったら出てくる、階段状になっています。

ある一定のレベルになる前に自分で評価を出してしまうと、「俺はこんなに頑張ってここまでやってるのに、他人は評価してくれない」というようなひずみが出てきます。

評価は自分でするものではなく、他人がしてくれます。お客様や周りの人に評価をしていただくためにも、日々の努力を辛抱して続けることで、あるレベルになったら自然と評価してもらえるようになると思います。

また、そこで満足せずに次のレベルを目指して努力する。そして、評価をもらう。
その繰り返しが「信頼」へとつながっていくような気がします。

 

コメントを残す