こまめに顔を出す、ほめる、 楽しい雰囲気つくりをする、 相手の重要間を満たす、 相手に“触れる” 続き 「できる人」の話し方&コミュニケーション術 なぜか「他人に評価される人」の技術と習慣 【イベントコンシェルジュ】

<<<今日のステップ====

おはようございます。 今日は、読書内容についてです。

 

「できる人」の話し方&コミュニケーション術 なぜか「他人に評価される人」の技術と習慣 (箱田忠昭 著)より

6167PH0DJTL._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_

 

どのようにしたら人に好意を持ってもらえるのだろうか?

次の五つを私はお勧めしている。

  1. こまめに顔を出す
  2. ほめる
  3. 楽しい雰囲気つくりをする
  4. 相手の重要間を満たす
  5. 相手に“触れる”

(P48)

 

昨日は「楽しい雰囲気をつくりをする」を書きましたが、今日は次の「相手の重要間を満たす」です。

 

これも相手思考の考え方でいうと基本的な内容と思います。

満足度をあげると、コミュニケーションは深まります。相手がどう思っているかをよく理解すると、相手の重要間がみえてきて、それを満たしてあげることで好意を持ってもらえる。

この流れを上手に感じることが相手に理解してもらう時に必要と思います。

 

「できる人」の話し方&コミュニケーション術 なぜか「他人に評価される人」の技術と習慣 (箱田忠昭 著)より

=============================

コメントを残す