次の問が返ってくる即答をする “即答力 松浦弥太郎”  【イベントコンシェルジュ】

<<<今日のステップ====

おはようございます。 今日は、書籍からです。

 

即答力 (松浦 弥太郎 著)より

417ccqVbdYL._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_

 

相手のニーズに即答するとき、その答えが剛速球では、キャッチボールになりません。相手のミットにうまく届くように、相手が捕りやすい、しかも楽しい気持ちになる、ぴったり合った心地いい球を投げることも、即答力の一部なのです。            (P39)

会話はキャッチボールとよく言いますが、上手いたとえだと思います。

相手の捕りやすい、投げやすい、キャッチボールをすることでコミュニケーションがより深くできます。

また、文中の「楽しい気持ちにある」というのもキーワードですね。

不快感やストレスがたまるようなキャッチボールだったら、長続きしません。

自分の意見を一方的に押し付ける球を投げても、ボールを捕ってはくれませんし、ある程度自己主張がある球を投げないと、気持ちよく受け取ってくれません。

会話のキャッチボールも日々練習しながら上手になっていきたいです。

 

 

即答力 (松浦 弥太郎 著)より

=============================

コメントを残す