「注意力」+「観察力」+「察知力」=相手を喜ばせること “即答力 松浦弥太郎”  【イベントコンシェルジュ】

<<<今日のステップ====

おはようございます。 今日は、書籍からです。

 

即答力 (松浦 弥太郎 著)より

417ccqVbdYL._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_

 

即答力と注意力、観察力は切っても切れない関係です。察知力といってもいいかもしれません。目の前のことに注意し、まわりを観察することはもちろん大切ですが、背中側で起きていることもちゃんとわかっていることが必要です。「背中にも目がある」という状態にちかいかもしれません。             (P34)

このセンテンスを読んでいて、「注意力」「観察力」「察知力」ってなんだろうと考えました。

全てに共通するのは、相手のことを観ているということです。

自分軸でなく、相手軸で考えてみる。

  • 何かの欲求をサインとして出してないかを注意して
  • その欲求の真意は何かを観察して
  • 何をしてあげればよいかを察知する

そんな行動がすぐにできるのが著者が言ってる「即答力」なのかなと理解しました。

相手のために何かしてあげたいと思った時に、「注意力」「観察力」「察知力」をセットでもっていること。その答を実行して、相手を喜ばせることが「即答力」と思います。

 

相手を喜ばせることが出来る人生、素敵と思います。

 

即答力 (松浦 弥太郎 著)より

=============================

コメントを残す