第一・第二・第三氣質の意味  【イベント コンシェルジュ】

氣質学とは何ですか?

氣質学とは、生年月日をもとに、性格・適正指向・対人関係などを鑑定する学問です。

「世界最大の統計学」と呼ばれる四柱推命をベースに、3タイプのシンボル(◯、□、☆)と4色のカラー(桃色赤色緑色水色)を組み合わせ、12種類のシンボルカラーで表現します。

327A3301

 

氣質学 第一・第二・第三氣質の意味

氣質には、潜在氣質(【内面】第一氣質:約70%)と顕在氣質(【外面】第二氣質・第三氣質:約30%)があり、第一氣質、第二氣質、第三氣質ごとに意味があります。

第一氣質・・・本音の自分、マインド、意思決定、価値観

第二氣質・・・仕事、対人対応、アクション、行動特性、第一印象

第三氣質・・・集中モード、究極の選択、とっさの判断、怒りのポイント

 

人は環境や状況に応じて、第一氣質(内面)と第二氣質(外面)を使い分けます。

第一氣質が強く出る場合は、第二氣質は隠れていますし、第二氣質が強く出る場合は、第一氣質は見えません。

いかなる時も第一氣質でいられることがベストなのですが、安全確認ができるまでは自己防衛本能として、第二氣質が強く出るのです。

 


あなた自身がまだ気づいていない「本当の自分」に気づくことを手助けしてくれる。

それが、氣質学です。

 

また、ストレスの90%以上が「人間関係の悩み」であると言われています。

氣質学を通じて、自分を知り、相手を知る。

氣質学とは、より良い人間関係を築くためのコミュニケーションツールでもあるのです。

 

入り口は出来るだけ簡単に。でも実は「氣質学」は奥が深い学問で、知れば知るほど、周りの人との対人関係、自分に必要な表現能力が自然と理解できるようになります。

 


 

コメントを残す