キャッチコピーを考える「自分シナリオ」商品の新しい使い方の提案

お客様が商品をどのように使ってくれるのかを想像してみる
そこから出てくるニーズ、使い方を具体的にしてみる

商品が安い⇒ ×安いですよ
       ○安くなるからこういう使い方ができるんですよ

というような。

新しい使い方の提案ができれば尚可

使うための提案があると、使ってくれる。
必要性があるから買ってくれる。

そのためにも、誰につかってもらう商品なのかをはっきりとしておくことが必要。
対象にフォーカスする

コメントを残す